ウーマン

すっぴんに自信をもつ方法|正しい洗顔がポイント

早いうちからのケア

スキンケア

化粧品の違い

基礎化粧品とはメイクする前にお肌をケアする化粧品で、化粧水や美容液、乳液などが含まれます。20代の頃には気にならなかったほうれい線やシミ、ソバカスが気になってくるのが30代のお肌の特徴でし。30代のこの時期に適切な基礎化粧品を使ってケアすることがアンチエイジングには大切です。化粧水の成分の多くは水と油分です。油分に何を使っているかが大きな違いで、植物由来の天然油を使ったものや合成油を使用したものなど様々です。そこに更に、保湿成分や美白成分を配合していろいろな特徴のある化粧水ができています。美容液は化粧水よりも美容成分が多く含まれており、化粧水では物足りない部分を補ってくれます。乳液は保湿成分を多く含んだ基礎化粧品です。最後につけて肌の潤いを逃さないようにしましょう。

肌に合うものを

30代の基礎化粧品で人気があるのは、天然のオーガニックコスメや、セラミドなどの保湿成分が多く含まれたものです。自分の肌の状態に合せて基礎化粧品も選ぶのが基本です。敏感肌の方はなるべく添加物の少ないものがいいですし、毛穴がきになる、という方には引き締め効果のあるビタミンC誘導体を配合したものが合うでしょう。エステなどではプロが肌診断をしてくるサロンもあります。もし自分の肌の状態がわからないのなら一度見てもらってもいいかもしれません。また初めて使う基礎化粧品はサンプルやお試しセットで少量を試し、いろいろなものを実際に使って自分の肌に合うものを探すこともできます。30代のまだ肌が若々しい頃からケアを欠かさず、より美しく肌を目指しましょう。