女の人

すっぴんに自信をもつ方法|正しい洗顔がポイント

太く長くするには

女の人

短いまつげを長いまつげにしてくれる美容液なるものがあり、国内外のメーカーのものを通販で手に入れることができます。まつげ美容液を使用するときは、パッケージの注意点や使用方法を必ず読んで正しく使うようにしましょう。

詳しく見る

早いうちからのケア

スキンケア

基礎化粧品には化粧水、美容液、乳液などがあります。そろそろ肌が気になりだす30代のうちからケアをしましょう。化粧水で水分を補って、美容液で美容成分を乳液で保湿をします。自分の肌に合せて基礎化粧品を選びましょう。

詳しく見る

定番の成分をパワーアップ

化粧品

ビタミンc誘導体を用いた化粧水によって、肌の手入れを行なう方が増加傾向にあるようです。そのため各社こぞって新商品を販売し、市場は活発化しています。ビタミンcがしっかり浸透することで、美白や若返り効果を求めることができるのです。

詳しく見る

素肌に自信を持ちたい

目を閉じるウーマン

見直すべきは洗顔

誰もが憧れる、すっぴん美人。化粧をしなくても透明感のあるお肌になるにはどうすれば良いのでしょう。きれいな肌を手に入れようと思うと、高い化粧水や乳液、美容液などを使った方がいいのかな、と思いがちですが、これらの効果を十分に発揮するためにも、最も大切なのが洗顔です。お肌の汚れがきちんと落ちていなければ、毛穴が開いてきめが荒くなってしまうのはもちろん、化粧水や乳液、美容液の成分がお肌に浸透する妨げにもなってしまいます。これではすっぴん美人への道のりは遠いですよね。まず、ポイントメイクを専用のリムーバーなどであらかじめ落としてから、顔全体のメイクを落とすようにしましょう。次に、洗顔するときには肌を傷つけないようしっかり泡を作り、指や手のひらが直接肌に触れないように優しく洗うのが理想です。このとき水温はぬるま湯程度が最適です。洗顔が終わったら、すぐに化粧水や乳液をつけて肌から水分が逃げてしまうのを防ぎましょう。

正しい洗顔のポイント

すっぴん美人になるために大切な洗顔ですが洗顔の前にきちんと手を洗っているでしょうか。手にはたくさんの雑菌がついています。そのため手のひらの汚れや油分を落としてからの方が、泡立ちも良くなり、清潔です。またある程度の水分が含まれていなければ洗顔料本来の洗浄効果は発揮されないので、水をたっぷりと加えてから泡立てるようにしましょう。それから洗顔で余分な皮脂を落としたら、今度はお肌の水分が飛びすぎてしまわないようにスキンケア化粧品でお手入れをします。化粧水で水分を補給し、その水分が飛んでしまわないよう乳液でフタをします。また美容成分の入った美容液を加えるのも有効です。毎日のお手入れに少し気を遣うだけで、すっぴん美人へ少し近づくことができます。簡単にできる方法から取り入れてみましょう。